Taylor新製品情報!話題のV-Class Bracing採用モデルが登場!

テイラーがアコースティックギターの新たな世界を切り開く!斬新なブレーシングパターンを用いたV-Classが登場!

2018 Winter NAMMでも話題の中心となったV-Classブレーシング!テイラーの若きマスタービルダー・アンディ・パワーズによって新たに開発されたまったく新たしいブレーシングパターンで、その斬新な発想と上質なトーンに注目が集まっております!

アコースティックギターでは長く定番とも言えたXブレーシングですので、他のテイラーギターを含め、現在でも多くのギターに採用されておりますが、新たなV-Classブレーシングでは現代の音楽シーンに合うよう、より豊かな音量と長いサスティーンを求め、まったく新しいコンセプトでより新たな可能性を求め、アンディ・パワーズによって開発されております。
トップ材の動きを見極め、弦振動がロス無くトップ材全体に伝わり、より振動させるように考えられた設計となっており、それにより音量やサスティーンの向上と共に、イントネーションの正確さをも持つブレーシングパターンとなっております。
トップの強度を保つという基本的な性能を保持しつつ、より豊かでクリアー、そして繊細なピッキングニュアンスにも反応するセンシビティをも兼ね備えたTaylorの新次元のサウンドを是非ご堪能ください!

 

最新のV-Classブレーシングとは?

プレーヤーはアコースティックギターに何を求めるでしょう?
プレイアビリティ(弾きやすさ)、イントネーション(チューニングの安定性)、好みのトーン、ボリュームの大きさ、サステイン(音の伸び)etc・・・
V-Classブレーシングは画期的なTaylorの新しいソニックエンジンです。
マスター・ビルダーのアンディ・パワーズが考案したV-Classブレーシングの構造は従来のX-ブレーシング構造のギターと比べてボリュームとサステインのコントロールを劇的に改善いたしました。
V-Classブレーシングの発明はアコースティックギターデザインの歴史の大きな転換点となるでしょう。

まったく新しいコンセプト

伝統的なX-ブレーシング構造は100年以上にわたって様々なアコースティックギターメーカーが採用してきました。
アコースティックギターサウンドの2つの重要な要素、ボリュームとサステインの間には両立しえない関係性がありました。
ボリュームはトップ板の柔軟性から来ており、サステインは剛性から来ています。つまりボリュームを大きくしようと思えばサステインが犠牲になり、サステインを長くしようとするとボリュームが下がってしまうといった問題がありました。
X-ブレーシングはこの相反する特性を効果的に両立させていましたが、この2つのバランスの妥協点から生まれたものでした。
新しいV-Classブレーシングはこの問題を解決しています。
V-ClassブレーシングはギタートップにX-ブレーシングと異なる振動をさせ、堅さと同時に柔軟性にも対応することが可能となりました。それにより「ボリューム」と「サステイン」のどちらも増すことに成功しました。
また、この革新的なブレーシングデザインはギターのイントネーションの精度も改善されることが分かりました。V-Classというコンセプトのギターがアコースティックギターサウンドの新しい感覚、新しいサウンドの未来を切り開きます。

More Volume
ボリューム

V-Classブレーシングはトップ板の柔軟性をコントロールし、トップ板の左右でX-ブレーシングよりも秩序あるロッキング・モーション(揺れ)を作りだします。
コントロールされた柔軟性のあるトップ板の動きは、より大きなボリュームを生み出します。

Longer Sustain
サステイン

V-Classブレーシングは弦を張る方向と同じ頂点の長さ方向に沿って剛性を維持します。
この剛性により長く持続するサステインが生み出されます。

Better Intonation
イントネーション

V-Classブレーシングのギターはフレットやナット、サドルをいじることなくトップ振動のコントロール(トップが弦と同じ周波数で振動しやすくなった)によってイントネーションの精度を改善しています。
ハーモニクスの音もネック全域にわたり均等に発生します。高音域でもデッドポイントのないしっかりとしたトーンを生成。不協和音のないクリアーでしっかりした音。コードの一つ一つの音もより正確に奏でます。チューニングの正確性はプレイヤーの演奏性を高め、電子楽器との相性も良好です。

V-Class in Action
演奏性の向上

最終的な目標は、現代の音楽シーンの中でプレイヤーが自身を表現するのに役立つ優れた楽器をプレイヤーに与えることです。
今では多くのギタリストはデジタル機器やコンピューターを駆使し、演奏・録音するようになりました。V-Classのギターはプレイヤーが伝えたことすべてにギターが正確に反応することができるようになったことで、デジタル機器をはじめとした他の楽器とより調和がとれます。
これによりプレイヤーはより良いパフォーマンスができるようになり、プレイヤーにとって新しい音楽的発見の手助けもできると自負しています。

Builder’s Edition
ビルダーズ・エディション

V-Classブレーシングのデビューを祝してマスタービルダーのアンディ・パワーズはサウンド同様、手触り・弾き心地も含め、素晴らしい特別な次世代のテイラーギターを製作いたしました。
V-Classブレーシング構造はもちろん、プレイヤーが弾きやすいと感じる機能をすべて盛り込んだ新しいコンセプトギターです。

How to Spot V-Class Guitars
新しい仕様

ギターのブレーシングはギターの内側に隠れているので、そのギターがV-Classギターだと見分けるのは難しいかもしれません。
そんな時はナットを確認してください。V-Classギターは黒いグラファイトのナットを採用しています。またV-Classギターはボブ・テイラーの提案によりこれまでのボブのサインではなくアンディ・パワーズのサインが入ったラベルが貼ってあります。
ボブはV-Classブレーシングをテイラーのネックジョイントと同じくらい重要なイノベーションだと考え、テイラーの歴史上初めて新しいデザインのギターラベルが貼られています。ボブのサインはグラフィック処理されてラベルの背景に取り込まれています。

V-Class Guitars
最新のV-Class Bracingが採用されたモデルがこちらからどうぞ!