Martinカスタムショップ製作!!当店オーダーのナイロン弦!!エレガットモデル!!

皆様こんにちは!
ハートマンギターズSunny石河です!
とても寒い日が続いてますが、如何お過ごしでしょうか?
私は昨年のこの時期に首の神経を痛めたので、筋肉が強張って緊張しがちなこの時期、また同じ事にならないかと戦々恐々としております・・・。
こんな時は、温かい音色を奏でられて、尚且つ体への負担が少ないコンパクトな楽器を弾きたいですね。
そんな希望にピッタリの楽器が完成したので紹介していきましょう。
昨年マーティン社ナザレスファクトリーにて材料選定して製作したスペシャルなエレガット(エレクトリックサーキット付ナイロン弦)です!

 

436315-1

 CTM 00C-Nylon Swiss Spruce w/Dual Element

“Nazareth Martin Factory Selected Wood”

 

商品説明にもありますように、昨年試験的に製作したモデルがアッという間も無く売れてしまいましたので、今年は本数を少し多めに製作致しました
マーティンといえば現在では、スチール弦の老舗ブランドとして認知されている方が殆どだと思いますが、実は古くからナイロン弦・・・1900年代初頭の頃は、リアルガットですね・・・・を製作しており、その独特の音色に魅せられる方が多いのも通な方ならご存知のところかと思います。
一般的なクラシックギターとは設計も異なり、スケール設定も独自の長さを用いている事でマーティンのナイロン弦ならではのサウンドを古くから確立していた事でも知られております。

しかし現在は、モデルとしては、000サイズで比較的手頃なスペックで、1機種のみ製作されるに留まっており、認知されている方もそんなに多くは無いのではないか?というところで、私としては、もっともっとマーティンナイロン弦の魅力を多くの方に知って頂きたい!という思いからこちらの楽器をオーダーするに至ったわけであります。

ボディサイズも000から00サイズに落としたことで、取り回しの良さに磨きがかかりました。
ルックス的にも12Fジョイントで00サイズというのは、フォルムの美しさとしては、ギターの黄金比率と言って良いのではないかと思います。
ピックアップには当店にてL.R.Baggs Dual Elementをチョイスし入念にセットアップ。
生音とライン時のサウンド共に素晴らしい出音になっております!!
やはり良い材料をチョイスする事でポテンシャルが数段上がる事を体感出来るのが、カスタムオーダーのメリットの一つですよね。

そして今年製作したモデルは、現地での特別な計らいにより、チョイスした材料は、すべてプレミアムグレードとなっている点も見逃せません。
だからと言って、価格は盛ってません。
これは現地に何度も足を運んでいるからこそ成しえる役得的なパターン・・・・(ア・・・こっそりにしておかなければいけなかったのだ・・・・)
余り詳しく書くことは憚られるのですが、まぁそういう事なので、察してください。

そんな事もあったので、奮発してバリエーションも持たせてオーダーしましたので、お好みのウッドパターンでチョイスしてくださいね!

メリハリの利いたフラメンコテイストが欲しい方にはメイプルサイド&バックモデルを!

 

436317-1

 CTM 00C-Nylon Swiss Spruce/Flame Maple w/Dual Element

“Nazareth Martin Factory Selected Wood”

 

明るく柔らかなトーンが欲しい方にはシダートップ!

436316-1

 CTM 00C-Nylon Western Red Cedar w/Dual Element

“Nazareth Martin Factory Selected Wood”

 

品のあるルックス!美しいサウンド!すばらしい演奏性!
3拍子揃った秀逸なマーティンエレガットを是非お試しくださいね!

ではでは、首筋の強張りには気をつけて~!

 

 

東京・渋谷 アコースティックギター/ウクレレ専門店ハートマンギターズ >>>