エリック・クラプトン2014ジャパンツアーに潜入!!

Img_1739

こんばんは!!Sunny石河です!
先日、泣く子も黙るギターの神様エリック・クラプトン氏の横浜アリーナ公演に行って参りました!!
エリックがアコースティックセットで使用するマーティンギターの取材を兼ねてとの事で、代理店様のはからいで特別に!!バックステージにも突撃取材して参りました!!
もう冷静さを装いつつ、内心興奮!!ゾクゾクしながらの取材となりました!!

Img_2911

調度、ステージの照明等をチェックしている段階でしたよ・・・
名手スティーブ・ガッド氏のドラムセット!!

Img_9202_3

照明と相まってメチャメチャ格好良いですね!!
こちら、いつも笑顔が素敵な名べーシスト、ネイザン・イースト氏のセット!!

Img_5567_2

隣にはレズリースピーカーが・・・これはエリックのギター用!!
今回のバンドメンバーは、ギターは、エリック一人のみ・・・代わりに強力な鍵盤チームが
サポートする形です!!
ポール・キャラック氏とクリス・ステイントン氏のそれぞれのセット!!

Img_4315

Img_3778

いよいよ気になるエリック先生のセット!!

Img_5126

フェンダーバンドマスターこれ一台!!
気になる設定は・・・サウンドチェック前で設定されておらず・・・残念!!
そしてドラムセット前に敷かれたラグ・・・・

Img_9520_2

この上は通称エリックゾーンと呼ばれており・・・
許可無く入ってはいけないらしいです・・・
正に神の領域・・・・
ここからエリックが観る世界は一体どんな風に写っているのでしょうか・・・・
領域は、侵さぬようにちょっとだけ浸ってみました・・・

Img_3468

うーん!!壮観・・・・
足元周りは・・・・クライベイビーのワウペダルにレズリーのスイッチのみ・・・

Img_5373

アンプと併せて超シンプルなセット・・・でもあの音・・・やっぱり名手と呼ばれる人は違いますね!!
本番でも繊細でリリカルなトーンと力強く伸びやかなトーンまで手元のコントロールとピッキングタッチのみで多彩な音を奏でてくれましたよ!!
そしてアコギ関連の周辺機材で重要なのは・・・これ!!

Img_3262

BrentAverill DMP マイクプリアンプ/D.I (ブレント・アヴェリル)
近年は、これ一発のみですね・・・しばらく前はアヴァロンのU5を使用していた時期もありましたが、最近はこちらの方が良い(好きだ)との事・・・
ちなみにこちらもちょっとお高いですが、購入可能ですよ!!
系列店パワーレックに御任せ下さい!!
さてさていよいよお待ちかね!!
素敵なマーティンギター揃い踏みです!!

Img_0304

左から000-42ECJM、000-28EC、そしてこのツアーでお披露目されている注目のOM-ECHF NAVY BLUES・・・

Img_4922

ネイビーブルースは、エリックのモデルとしては、初のOMスケールモデルですが、ステージ栄えする格好良い一本でした!!
世界限定181本製作ですが、日本への入荷本数が大変少ない状況で、マーティン社へも割り振りの追加リクエストをしているとの事ですが、是非欲しい!!という方は、買い逃して後悔しない為にも、早めのエントリーをお勧め致します!!
しかし、今回はサブギターに回ってしまいましたが、000-28ECも変らずいつも使用しているのには、ファンには、嬉しいところですね!!
店頭で販売している000-28ECは、こちら
通常、販売しているモデルとエリックの使用している000-28ECは、何ら変りありません!!
それだけこのモデルの完成度が高いという事ですね!!
今回、ピックアップシステムもまた一新されていたようなので、そのあたりの詳細な情報を聞きたいな!!って方は、是非店頭まで遊びに来てお気軽に御質問下さいね!!
ここには出さない深いお話も出来るかと思います!!

Img_11931

賑わうマーティンブース!!
駆け足で御紹介してきましたが、結構な量感になってしまいました・・・・
ライブにいらしてた方と会場ロビーに設営されたマーティン特設ブースでお話しましたが、初めてマーティンギターを観ました!!とかギターをこれを機会に始めてみたい!!という方が沢山いらっしゃったのも印象的でした!!
エリックの演奏を聴くと自分でもギターを弾きたくなる!!ギターって良いな!!って改めて思わせてくれるんでしょうね!!そんな素敵で素晴らしいライブでした!!
そして、ギターを始めたいと思い立った方は、是非ハートマンギターズまで起し下さい!!
親身になってお手伝いさせて頂きます!!
今回でラストなどという話も囁かれるエリックの公演!!日本ツアーも今週末までです!!
まだギリギリ間に合いますから見逃して後悔しないよう、見納めになるかもしれない
神様のライブツアー是非楽しんで下さいね!!
それではまた~!!