TRAKTOR KONTROL S8セミナーレポート!

昨日、Power DJ’s池袋店に隣接するロックハウスイケベ池袋店の4F OMスタジオにて

Nativei Instruments TRAKTOR KONTROL S8セミナーが開催されました!

28.jpg

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

講師のTOBYさんXLIIさんによるとても楽しいセミナーでしたね(^^)

29.jpg

TRAKTOR KONTROL S8は、昨年の暮れに発売されたTRAKTOR専用コントローラーのフラグシップモデルです。

最近のDJソフトはテンポもキーも解析してくれて、シンクボタン一つ押せばテンポを同期させることができるので、従来DJにとって必要なスキルのほとんどをコンピューターがやってくれます。

つまり、DJは人間にしかできない部分にフォーカスしてDJプレイすることができるわけで、DJプレイはもはやネクストレベルに向かっており、TRAKTOR KONTROL S8は、まさにそういった新しいDJスタイルを模索しているDJにピッタリなコントローラーであることを今回のセミナーをみて確信しました!

toby.jpg

ジョグホイールやピッチコントローラーもありません。従来のDJプレイと同じような事をしようとすると違和感があると思いますが、そこはコンピューターに任せて、Remixデッキを使って曲の断片をパーカッションのように叩いたり、エフェクトを多用して、リアルタイムにリミックスできるというのがこのTRAKTOR KONTROL S8なんです。

そして、大型液晶ディスプレイが2つ搭載していて、コンピューターを見ることなくDJプレイに集中する事が出来ます!

XLIIさんによる超絶パフォーマンスは圧巻で、どこまでは既存の曲で、どこがリアルタイムに重ねた音なのかが分からないほど、オリジナリティあふれるMIXで、DJプレイというよりはライブパフォーマンスに近かったです。

31.jpg

こちらがXLIIさんが使用していたTRAKTOR PRO 2の画面

32.jpg

A、Bデッキはトラックデッキとして使用。

CデッキはLIVE INPUTモードでマイクの音を入力。自分の声でMCをする時にエフェクターやトランスポーズを使って声を加工してました。

DデッキがRemixデッキですね。4つのスロットは同時に音が再生できるので、ドラム音や曲の一部を切り出したもの、効果音などをパッドにアサインしてリアルタイムに楽曲を構築できます。

なるほど、これならどんな楽曲でのアイデア次第で盛り上がる曲に仕上がりますね!

オリジナリティを追求したい方は、試す価値ありますよ〜(^^)

Native Instruments TRAKTOR KONTROL S8