Roland SYSTEM500シリーズに新たなモジュールが仲間入り!!

米国ポートランドにあるMalekko社とローランドの共同開発により、古き良きモジュラー・シンセサイザーのサウンドと様式美を、現代のユーザビリティとクオリティで提供する、ユーロラック・フォーマットサイズのモジュール・シンセサイザー
Roland SYSTEM-500シリーズ。SYSTEM-100mへのオマージュを込めた製品に加え、新たなアイディアを盛り込んだ新ラインナップの登場。只今絶賛発売中です!!

■ 531 MIX
531.jpg

シリーズ待望のミキサーモジュールです!
SYSTEM-100mの131アウトプット・モジュールにインスパイアされたSYS-531は、現代のユーロラック・モジュラーの用途に向けて使いやすく更に発展的なアプローチが出来るようにアップデートされています。6チャンネルのインプットには、それぞれレベル・フェーダー、パン・ポッドに加え、パフォーマンスにも使えるミュート・ボタンを装備。各チャンネルのパンはCVでもコントロール可能で、シンセ・サウンドに独自の空間的な広がりや変化を加えることも可能です。マイク及びライン双方の入力に対応したワイド・レンジ&低ノイズ設計のステレオ・プリアンプを装備。ゲインを上げることでオーバードライブ・サウンドを作ることもできます。

■ 510 SYNTH
510.jpg

VCO・VCF・VCAといったシンセサイザーの基本的要素を1つにまとめたモジュールです。
SYSTEM-100mの「110」 のVCO・VCF・VCAをベースにしたSYS-510は、モジュラー・シンセサイザーの最初の一台や、サウンドを充実させるための1台として最適です。3種の波形を生み出すオシレーター、ハイパス・スイッチを備えたクラシカルなローランド独特のローパス・フィルタ、マルチアウトのVCAが搭載されています。音声入出力とモジュレーション入力は、ユーロラックとライン・レベルの両方に対応。VCO、VCF、VCAは内部結線済みなのでパッチングは不要です!!

■ 505 VCF
505.jpg

Roland SH-5のユニークなフィルター・セクションがユーロラック・サイズで登場。Roland SH-5は、モノフォニック・シンセサイザーの歴史において人気モデルの一つで、その独特な構成のフィルター・セクションによって深く重厚なサウンドが特徴的でした。SH-5のマルチモード・フィルタとバンドパス・フィルタの組み合わせは、それまでのシンセのフィルターの概念を大きく拡大しました。独特なレゾナンスと低音の響きは、伝統的なラダー・フィルタのサウンドとは一線を画していました。RolandとMalekkoは、このユニークなフィルターSYS-505をユーロラック・フォーマットで再現。切り替え可能な2基のVCFにはVCAも搭載。カットオフとレゾナンスはCVコントロールも可能。SYS-505は16HPのコンパクト・サイズ。自由度の高い2基のビンテージ・フィルターが、ユーロラックのコンパクトなサイズに凝縮されています。

■ 555 LAG / S&H(ポルタメント/サンプル&ホールド)
555.jpg

SYSTEM-100mの150と165モジュールにインスパイアされたSYS-555は、お手持ちのモジュラー・システムで新旧のモジュラーを融合させる中心的なユーティリティとして活躍します。SYS-555は、リング・モジュレータ、LPF、7種の波形を持つサンプル&ホールド、ホワイト・ノイズ&ピンク・ノイズ・ジェネレータ、エンベロープとVCAを内蔵したLFO、2基のポルタメントを搭載。それぞれに多彩な音声信号&コントロール信号の入出力を装備しているので、オーソドックスなサウンドから独創的なサウンドまで自由度の高いモジュールです。

※いずれの製品もユーロラック規格の電源ラックにセットアップしないと使用できませんのでご注意ください。

SYSTEM500シリーズは、フロントパネル部分の各パラメーターの表記もわかりやすく、モジュラーシンセ初めての方でも、非常に使いやすいのではないかと思います。これから挑戦してみたいという方にも安心してお選び頂けるユニットだと思います。