フレキシブルなチャンネル・ストリップ・プラグイン!WAVES Scheps Omni Channel(オンライン納品専用)が期間限定特価!!

みなさんこんにちはデジタル担当青木です!!

グラミー受賞ミキシング・エンジニア、アンドリュー・シェップス(アデル、ジェイZ、メタリカ)との共同開発による、フレキシブルなチャンネル・ストリップ・プラグインの登場です。

■WAVES Scheps Omni Channel(オンライン納品専用)
20180209_1.jpg

WAVES Scheps Omni Channelは、アンドリュー自身が長年をかけて築き上げてきたコンプレッション、EQ、サチュレーション・カラーの組合せ、これらが美しく統一して動作するよう設計されています。

Scheps Omni Channelは、以下の5つのモジュールを搭載しています。

●Pre:
3つのアナログ・サチュレーションを選択でき、幅広い倍音歪みによるカラーを加えることができます。さらにフィルターおよびレゾナンス(Thump)コントロールも備えています。

●Compression:
Fast/Slow/Smoothと共通のコントローラを備えながらもタイプの異なる3つのコンプレッサーで、同じ設定を素早く切り替え、比較することができます。Wet/Dryコントローラによりモジュール内でのパラレル・コンプレッションが可能です。

●EQ:
4バンドのイコライザーは、バンドごとに他にはないまったく異なる音楽的なサウンドを提供します。また、完全なパラメトリック・モードに切り替え精密な外科的EQを施すこともできます。

●DS2:
単なるディエッサーにとどまらない、二つのフルレンジ・バンドと4つのフィルター・タイプで突出してしまう周波数帯を取り除く、歯擦音だけでない”ディ・なんでも”プロセッシングが可能です。

●Gate:
スレッショルド、アタック、リリースとスタンダードなコントロールを備えたゲート/エクスパンションです。ノイズ・リダクション最大値も調整できるため、ノイズフロアを一定に保つことが可能です。

●Insert:
それでも足りないなら、Scheps Omni Channelには、チェイン内のどこへでもスロットをインサートできる、INSERTモジュールも備わっています。このスロットにはScheps Omni Channel自身のモジュールほか、Wavesプラグインを読み込むことができます。Scheps Omni Channelはゼロ・レイテンシーで動作し、ライブ・サウンドにおいても個別のステレオ・チャンネルを完全にコントロールすることができます。eMotion LV1にEQやコンプレッサーのコントロールをマッピングすれば、コンソールのチャンネル・ストリップとして利用することも可能です。

5つのモジュールは、ドラッグ・ドロップで自由に並び替えて使用することができます。入力ソースに合わせた柔軟なセッティングが可能になっています。

異なる素材を扱うための”Focus”と呼ばれるプリセット集も用意されています。このプリセットでは、タスクを完了させるため、その作業で最も集中すべきコントロールがハイライトされます。

まさに完成された、チャンネル・ストリップが今なら2018年02月28日正午までの期間限定価格で、大変お買い得です!!

通常価格¥18,000(税別)のところ ⇒ 期間限定特価¥5,167(税別)


この機会お見逃しなく!!

※こちらの商品は、オンライン納品専用となっております。商品ページにあります『オンライン納品製品に関する注意事項 』
をご注文前に必ずご確認下さい。

brog-kochira.jpeg