Pioneer DJが照明機能専用DMXインターフェイス「RB-DMX1」を発表!

Pioneer DJのDJソフトウェア、rekordbox djがつい先日バージョンアップし5.1となりましたが、今後、2月に予定されているアップデートではさらに楽曲と同期した照明演出を可能とする「LIGHTING MODE」が追加されることになりました!

blog-1.jpg

rekordboxのLIGHTING MODEでは、楽曲内の各フレーズの特徴を検出し、各フレーズの情報に同期した効果的な照明演出パターンを自動で作成、楽曲ごとに自動作成された照明演出パターンを利用することで、DJパフォーマンスに同期した照明演出が可能となる機能との事です。

音楽の展開によってクラブのライティングが同期すれば、ドラマティックなイベントの演出が実現しますね!

そしてこのLIGHTING MODEを使用する際に必要となりますのが、2月に新発売となります、rekordbox照明機能専用DMXインターフェイス「RB-DMX1」です!



brog-2.jpg

Pioneer DJ
RB-DMX1【予約商品 / 2月下旬発売予定】
販売価格40,000円(税別)

RB-DMX1はPCやMacとUSBで接続することでrekordbox djのLIGHTING MODEの照明演出情報をDMX512信号へと変換し、接続されたDMX512対応照明機器群を制御することが可能とするインターフェースです!

blog-3.jpg

ライティングを共存させたエンターテイメント性の高いDJプレイの演出に、今後欠かせないシステムとなりうるシステムですので、ステージ・照明演出にこだわる方は今後のrekordboxのバージョンアップをお見逃し無く!

blog-4.jpg

brog-kochira.jpeg