<渋谷だより その88> rekordbox用オーディオインターフェイス『INTERFACE2』はこんな場面でおすすめ!

みなさん、こんにちは!POWER DJ’s渋谷店の飯田です!

今回は、Pioneer DJより発表された、7/14発売予定のrekordbox DVS用オーディオインターフェイス、『INTERFACE2』の紹介です!

blog-1.jpg

Pioneer DJ
INTERFACE2
【予約商品 / 7月14日発売予定】

販売価格32,222円 (税別)

冒頭から申し上げにくいのですが、正直、これを見たときに率直に思いました・・・。

Pioneer DJのヘビーユーザー程必要ないのではないか!?

なぜなら、最近Pioneer DJから発売されたDJM-450やDJM-250MK2であれば、オーディオインターフェイス内蔵、かつrekordbox DJ・rekordbox DVSのライセンスが付いてくるので、あとはコントロールバイナル(RB-VS1-K)だけ用意すればすぐに始められますし、それ以外の現行モデルのPioneerミキサーはオーディオインターフェイス内蔵なので、オーディオインターフェイスを別途用意する必要もありません!*rekordbox djライセンスキー/rekordbox DVSライセンスキーは別途必要となります

blog-2.jpg

DJM-450
DJM-450バイナルセット
DJM-250MK2
DJM-250MK2バイナルセット
rekordbox用コントロールバイナル

ですが・・・こんな場面では便利な1台です!!

1.Pioneer以外のミキサーorインターフェイスが内蔵されていないミキサーを使用している
お手持ちのミキサーが、Allen&Heathやreloopなど、Pioneer社製品ではない方や、Pioneer製でもDJM-350・DJM-909など、生産完了モデルでインターフェイス内蔵ではない場合は、このINTERFACE2を使用することでDVSを導入することが出来ます^^


2.現場での使用で、ミキサーに合わせて設定を変えることなく、ドライバーも気にせずに使える!

さらに、現場での使用も役立ちそうです!rekordbox DVSの対応ミキサーであっても、場所によってミキサーの機種が違うと、いちいちミキサーの設定ユーティリティを変更したり、ドライバーを入れたりする必要も出てきますが、INTERFACE2で使用する場合には、INTERFACE2用のドライバーを入れておけば、現場ではオーディオケーブルを接続するだけでセットアップが完了します♪

3.rekordbox dj /rekordbox DVSのライセンスを持っていないけどこれから揃えたい!
ライセンスキーは、rekordbox djが\15,000、rekordbox DVSが\12,000となっているので、バイナルも揃えると考えれば・・・コストパフォーマンスも高いですね!!


なお、Serato DJのオーディオインターフェイスとしてはご利用いただけませんのでご注意下さい!
また、このINTERFACE2のみでは、入出力数が2デッキ分しかなく、DVSでプレイしたDJ MIXの録音も出来ませんので録音する際は別途レコーダー等が必要となります。

blog-3.jpg

INTERFACE2は7/14発売!ただいまご予約受付中です!!

brog-kochira.jpeg