本日は最近出合ったおススメの一冊をご紹介!!

みなさんこんにちはデジタル担当:青木です!

私の通勤電車のお供はもっぱら音楽と本なのですが、最近、”まさにこんな本を待っていた!”と思える1冊に出会えたので
ご紹介したいと思います!

■【書籍】立東舎 1000のプロレスレコードを持つ男 – 清野茂樹のプロレス音楽館
1703331.jpg

いまや、プロレスの入場時には欠かせない入場テーマ曲。日本で最初に入場テーマ曲を使ったプロレスラーは誰かみなさんご存知ですか?そんなプロレステーマ曲にまつわるエピソードや、ミュージシャンや、愛好家、関係者との対談や、プロレステーマ曲進化論などなど、著者であるアナウンサー・清野茂樹氏が、プロレスラーの入場曲である“プロレステーマ曲”について語り尽くす!1冊です。

巻頭と巻末の貴重なレコードコレクションは、すべて著者自身のコレクションとの事で驚きです!

プロレスファンなら一度は耳にしたことのある有名な入場テーマ曲のアレンジにまつわる驚きのエピソードや、会場の雰囲気を盛り上げるためにされていた選曲の工夫や、なぜこのレスラーがこのテーマ曲を使用したのかなど、非常に音楽的な視点から楽しめる内容になっていると思います。

プロレスも音楽も愛している方(結構多いのでは(^^; もちろん私もです)にはぜひ一度手に取って頂きたい、おススメの一冊です!

brog-kochira.jpeg