REON driftboxシリーズにNEWモデルが登場!

みなさんこんにちはデジタル担当青木です!

大阪発、厳選されたパーツでハンドメイドされる独創的な製品をリリースし続ける国産メーカーREONから
170204_3.jpg

待望の新作が登場です!!

■REON driftbox W
170204_2.jpg

コンパクトなボディーからレバーがニョキニョキ生えているなんともインパクトのあるルックスのアナログシンセサイザーです。

この5つのDRIFTスティックでコントロールすることにより、多彩で、予測不能で、複雑な音の変化を楽しめます!
170204_4.jpg
特にVCO1、VCO2の部分のスティックは、ほんの少し動かすだけで音が変化するので非常に面白いパフォーマンスが可能だと思います。

DRIFTスティックによる変調は以下のようになります。
●VCO1/2: X軸 - 発振周波数、Y軸 - オシレータのボリューム
●VCF: X軸 - カットオフ周波数、Y軸 - VCFモジュレーションレベル
●EFFECT: X軸 - ディレイタイム(最大350ms)、Y軸 - エフェクト出力レベル
●DRIFT: X軸 - LFO周波数、Y軸 - 出力レベル

ジョイスティックでのコントロールはどんな感じになるだろうと思いましたが
従来のようにツマミでコントロールするよりも、スピーディーで激しい音の変化が楽しめるような印象を受けました。
170204_5.jpg

■REON driftbox C
170204_1.jpg

こちらはシンセサイザーではなく4chオーディオ/CV複合ミキサーです。

▼こちらのスイッチを上に倒すとLEDのランプが点灯して4CHのオーディオミキサーとして使用できます。
170204_7.jpg

▼こちらのスイッチを下に倒すと4CHのCVミキサーとして使用できます。
170204_8.jpg
また、CVの信号をCH1,CH3に、オーディオの信号をCH2,CH4を入力してCVミキサーとオーディオミキサーを併用することも出来ます。2チャンネルの音声信号をミックスしながらCVミキサーでシンセサイザーの制御を行うといったことも可能になります。
170204_9.jpg

他のdriftboxと同様にコンパクトな筐体なので、ライブやイベントなどでも場所を取らずに便利ですね!

今回紹介した製品の他にも、どれも強烈に個性的な製品ばかりのREON driftboxシリーズ。是非、ご検討下さい!
driftbox-bana580.jpg