<渋谷だより その64> 国内初お披露目!AKAI『MPC LIVE』『MPC X』発表会に行ってきました!!

みなさん、こんにちは!POWER DJ’s渋谷店の飯田です^^♪

NAMM2017で発表され、話題騒然となっている期待の新製品、AKAI MPCの新機種発表会が本日行なわれました!今回はその模様をレポートいたします!!

MPCシリーズ16,17代目となる新機種は『MPC LIVE』『MPC X』の2機種!

blog-1.jpg

まずは、AKAIのリチャード氏による挨拶の後、アンディー氏による、デモンストレーション!楽曲制作のスピードに関しては、他のどの機材より優れている!という宣言通りあっという間にトラックを組み立てていきます!指先1つでドラムもピアノも自由自在に演奏できます!

blog-2.jpg

さらに、MPC SOFTWAREが2.0にバージョンアップすることで、オーディオファイルが使えるように!タイムストレッチがリアルタイムでできるのもとても魅力的で、1つのアカペラトラックをベースにHIP HOP、R&B、ダンスミュージックなどジャンルの壁を越えたミックスを披露していました!

blog-3.jpg


製作はもちろん、ライブ用にも今まで以上に活躍しそうです^^

パッドにドラム・ベース・シンセなどのフレーズを入れ、それぞれのパートごとに展開を切り替えていく、DJスタイルでのパフォーマンスが画期的でした! MPCといえば、今はフィンガードラムスタイルでのパフォーマンスがかなり主流となっていますが、また新たな魅せ方が広がりそうです!

Twitterではその模様を動画でお伝えしておりますのでそちらも併せて御覧下さい^^
POWER DJ’s
イケベデジタルタワー

MPC LIVEはバッテリー駆動で最長4~5時間使用可能!一切場所を問わずどこでも使えます!また、ableton LINKにも対応する予定という事で、serato DJやTRAKTOR等のDJソフトとの互換性も非常に楽しみです^^

blog-4.jpg

MPC Xの特徴のひとつがディスプレイ付きの16個のノブ!各パラメーターが何を操作するかを表示してくれます!この表示、単体で使っているときにはもちろんMPC内部のパラメーターをコントロールできるのですが、PCのコントローラーとして使う場合は、PC上のDAWソフトで立ち上げたプラグインソフトのパラメーター表示も可能だという事で、MPC Softwareだけでなく、ableton LIVEやcubaseなどのDAWソフトとの連携も図れそうです!

blog-5.jpg

続いて、MPCプレーヤー3名(熊井吾郎さん、KO-neyさん、SHOGUN BEATZさん)による座談会を行い、それぞれを触った感想をお話されていましたが、やはりMPC LIVEがPCなしで使えるのはライブで使うのにとても魅力的なようでした^^

blog-6.jpg

KO-neyさんによるMPC LIVEパフォーマンス、熊井さんによるMPC Xパフォーマンスでは、従来のMPCパフォーマンスに加え、タッチディスプレイを活用したプレイスタイルが印象的でした♪

blog-7.jpg

最後に待望のタッチ&トライコーナーでついにMPC新機種に初めて触れることができました!!

MPC LIVEはMPC TOUCHとほぼ同じトップパネルですが、ディスプレイの感度が抜群に良くなっています!

blog-8.jpg

MPC X大型ディスプレイ、ノブ、その他入出力の豊富さなど様々な点において楽曲制作に非常に優れた1台となっている印象を受けました!ライブパフォーマンス用としてもダイナミックな動きを見せられるに違いないでしょう!

blog-9.jpg

気になる発売時期は

2017年春!

それぞれの販売価格は、

MPC LIVE 128,000円(税込)

MPC X 258,000円(税込)

を予定しております!


個人的にはどっちも欲しい!と思ってしまうほど魅力溢れる両機種でした!わくわくが止まりません!

詳細はまた追ってお伝えいたします!

Tags:,