Pioneer DJがシンセサイザー「TORIZ AS-1」の発売を発表!

namm.jpg

世界規模の新製品楽器の見本市、NAMM SHOWが2017年も開催!

もちろんPower DJ’sとして注目なのはDJブランド関連の新製品ですが、早速、Pioneer DJから新製品の発表があったようです!


なんと今度のPioneer DJの新作は「シンセサイザー」でした!

blog-1.jpg

Pioneer DJ
TORAIZ AS-1

販売価格55,000円(税別)

音楽プロデューサー向けラインナップ、TORAIZシリーズの第二弾はなんとシンセサイザー!

TORAIZ AS-1は伝説のアナログシンセ「Prophet-6」を元にDave Smith Instruments社と共同開発されたモノフォニック・アナログ・シンセサイザーです。

ユーザーインターフェースとパフォーマンス機能の開発には、Pioneer DJのDJ機器の開発ノウハウが生かされ、音色が劇的に変化するパラメーターノブをシンプルに配置することでアナログサウンドを自由に楽しく変化させることが可能となっているとの事です!

blog-2.jpg

また、音色の演奏はタッチパッド式のキーボードを搭載しており、SCALE MODEという機能を使用すると、音楽理論の知識がなくとも、フレーズ演奏も可能、さらにタッチパッド式のスライダーを組み合わせてライブ的な音作りもできそうです。

blog-4.jpg

blog-3.jpg

さらにMIDI端子内蔵でTORIZ SP-16との同期演奏が可能に!TORIZ SP-16でのパターン作成はもちろん、PRO DJ LINK機能を使用すればCDJがトラックを再生し、TORAIZ SP-16がリズムビートや効果音を追加し、TORAIZ AS-1からはシンセ音を発音するなどといったライブも行えそうです!

blog-5.jpg

このように実際に触ってみるのが楽しみになるシンセサイザーですが、発売は3月中旬を予定しております!

Power DJ’sでもデモ機のチェックができましたら改めてご紹介いたしますので、続報をお待ちください!

brog-kochira.jpeg