気軽に持ち運べるシンセ! YAMAHA MXシリーズがリニューアル!

みなさんこんにちはデジタル担当青木です。

軽量で持ち運びも安心の大人気シンセサイザーYAMAHA MX49 / MX61がリニューアルして登場です!

濃い赤色だった文字やノブの周りが、鮮やかなオレンジ色になって見やすくなりました。
160826_5.jpg

さらにカラーバリエーションのブルーモデルが新たに登場!
160826_6.jpg
実際はもう少し濃い目の青色になります。オレンジとの配色の組み合わせも鮮やかで個性的です。

本体重量は、MX49 BK/BU (49鍵モデル)で3.8kg MX61 BK/BU(61鍵モデル)で4.8kgとエレキギター並みの超軽量!
持ち運びもセッティングも楽々です。

余談ですが、私が学生時代にライブハウスやスタジオに持ち歩いていたシンセが18kgだったので、当時ここまで軽量なシンセサイザー出ていたらさぞや楽だっただろうなぁーと、軽量のシンセサイザーが出る度にうらやましく思います。(^^)

そして、新しいMXシリーズには専用ソフトケースが付属しています!
160826_10.jpg
さすがは気軽に持ち運べるシンセ!
ライブやリハーサルスタジオなどへの持ち運びも安心ですね。

旧モデル同様、音質に定評のあるMOTIF シリーズ直系の音色を1,000 音色以上搭載。ピアノやエレクトリックピアノといった鍵盤楽器はもちろん、バンドでよく使われるストリングス、シンセブラス、シンセリードに至るまで広範な音色カテゴリーを網羅しています。

音色ダウンロードサービス 『Yamaha Synthesizer Sound Libraries』から音色データを自由にダウンロードし、本体にロード可能。著名バンドの曲で使われた音色をMX シリーズ上で再現したデータを始め、バンドで即戦力となる音色データを入手できます。

旧モデル同様シンプルなユーザーインターフェイスで操作性も抜群!音色のスプリットとレイヤーの切り替え操作が簡単に行えるのも、安心して演奏に集中できるのでプレイヤーにとって非常にうれしい機能ですよね。
160826_7.jpg
160826_8.jpg

MX シリーズ本体とPC をUSB ケーブルで接続するだけで、MIDI データだけでなくオーディオデータもやり取りできるUSB オーディオMIDIインターフェース機能を搭載しているので、パソコンでの音楽制作にも最適です!
DAWソフト「CUBASE AI」のダウンロードインフォメーションも付属しています。
160826_9.jpg

iPhone / iPad との連携を強化!USB Class Compliant に対応しており、iPhone、iPad とLightning – USBカメラアダプタを介してUSB 接続することで、iPhone, iPad の音声をMX シリーズ本体から出力可能。iPhone, iPad上の音楽系アプリをMXの鍵盤で演奏することも可能です。

▼ ラインナップはこちら

■MX49 BK (49鍵盤 / ブラックモデル)
160826_3.jpg

■MX49 BU (49鍵盤 / ブルーモデル)
160826_2.jpg

■MX61 BK (61鍵盤 / ブラックモデル)
160826_1.jpg

■MX61 BU (61鍵盤 / ブルーモデル)
160826_4.jpg

キーボードは初めてという方にも、久しぶりにバンドを組んでキーボードをプレイしてみようかなという方にも最適な1台です!