<渋谷だより その33> Roland TR-8で簡単ステップ入力♪&TR-8用の追加音源7X7-TR8がバージョンアップ!

みなさん、こんにちは!POWER DJ’s渋谷の飯田です♪

今日は7月7日、七夕ですね☆

せっかくなので、七夕にちなんだ商品を見つけてみようと店内を探し回った結果・・・2つ並んだ7の文字を発見!!(無理矢理ですが・・・^^;)

それがこちらです↓↓

ROLAND
AIRA by Roland 7X7-TR8 (Drum Machine Expansion for TR-8)

1_7X7-TR8.jpg

こちらはRolandのリズムマシンTR-8をお持ちの方向けの追加音源パッケージとなっています^^ パッケージにはTR-707とTR-727の音色を収録!(追加音源の詳細は過去のBlog記事をご参照下さい♪)

そして、今回バージョンアップが行なわれ、こちらのパッケージで新たにTR-606の音色を加えられるようになりました!
※既に7X7-TR8をお持ちの方はファームウェアアップデートにより無償で追加可能です

ところで、TR-8って?(°°?)

ということで、ここからはTR-8の基本情報をご紹介!

ROLAND
AIRA series TR-8

blog-2.jpg

TR-8は名機であるTR-808・TR-909を忠実にモデリングしたリズムマシンです!

音質はもちろんのこと、魅力的なのが操作性のわかりやすさ!
リアルタイムでの演奏・記録も可能ですが、ステップ入力が出来るTR-RECモードも搭載されています^^

このモードの操作方法をご紹介♪

blog-3.jpg

1.BPMを設定する
大きいノブで1ずつ動かすことができ、下の2つのノブで微調整が可能です。

2.操作したいパートを選ぶ
ボタン1つにつき、バスドラ、スネア・・・など1つずつパートが振り分けられていて、どの音を入力するか選びます。

3.ステップシーケンサーに打ち込む
そのパートを鳴らしたいタイミングのステップに音を打ち込んでいきます。16ステップで何小節鳴らすかはステップシーケンサー上のSCALEで設定します。

4.TUNEやCOMPをノブで調整
パートごとで設定できる項目が決められているので、お好みの音になるよう調整します。

5.フェーダーでボリューム調整
フェーダーでパートごとのボリューム調整が出来るので、音の抜き差しもスムーズに行なう事が出来ます。

基本操作はこれだけです^^♪

誰でも簡単にビートが組めるので、DAWのドラムパートとして取り込んだり、リアルタイムでパフォーマンスに使ったり、フリースタイルの練習用にビートを流したりもできちゃいます^^


さらに、POWER DJ’sではTR-8と追加音源7X7-TR8のお得なセットも販売中!

ROLAND
AIRA series TR-8 + Drum Machine Expansion SET

blog-4.jpg

まだ本体もお持ちでなく、これから導入されるご予定の方はこちらのセットで始めてみてはいかがでしょうか??

こちらに収録されている機材の実物を中古で集めようと思ったら1台でもかなりの高値がつきます(°°;)

そう考えると、このお手軽な価格で名機の音を増やしてどんどん進化していくTR-8は、昔からのユーザーの方もこれから始める方も要注目!ですね^^

brog-kochira.jpeg