こ、これは…..DJ機器の領域を超えている!!完全自立型オールインワンDJデバイスGO-DJに追加された驚くべき3つの新機能とは?

このBlogで何回も登場している完全自立型オールインワンDJデバイスMONSTER GODJですが、

先日またまた新機能が追加されました!

新機能をご紹介する前に…..

MONSTER GODJが出来ることについておさらいしてみましょう!

7.jpg

(できることその1) 

■ DJが出来る

はい。これは当たり前ですね(笑)

内蔵メモリ、またはSDカード内のMP3、WAVデータをデッキに読み込み2つの曲をミックスすることができます。

6.jpg

スクラッチも可能で、その他にもキーロック機能、HOT CUE、LOOP、BREAKモード(ターンテーブルが減速して止まる効果)、オートシンク機能も搭載しています。

8.jpg

MIXには欠かせない3バンドEQも搭載

タッチパネルで行えますが、FUNCTUIONツマミで任意の帯域をフィジカルにコントロールしたり、クロスフェーダーを動かすと徐々にLOW、MID、HIGHの順にフェーダーが下がるような設定もできます。

9.jpg

(できることその2) 

■サンプラーを使って効果音を鳴らせる

10.jpg

タッチスクリーンをスライドさせるとサンプラーパッドが現れます。

タッチした時に一回再生するONE SHOT、タッチしている間曲に合わせて繰り返し再生するLOOP、タッチしている間だけ再生するDONEタイプがあります。

サンプル音源は自身で用意したものも使用できます。

(できることその3) 

■キーボードが搭載

26.jpg

これはサンプラーモードに拡張された機能ですが、3オクターブ分の演奏が可能。音色は自分で用意したWAVファイルも使用できます。

(できることその4) 

■ビートシーケンサーが搭載

11.jpg

なんとリズムマシンまで搭載。リズムパターンはプリセット以外にもUSERパターンが用意されており、さらに音色も自分で用意したWAVファイルを使用できます。

もちろんDJプレイ中の曲とミックスでき、テンポも同期できます。

(できることその5) 

■エフェクトを搭載

12.jpg

マスターアウトもしくは各デッキにかけられるエフェクト

「PHASER、FLANGER、DELAY、FILTER、ROLL、BIT CRUSHER」が用意されています。

これらは複数同時に使用することが可能。

(できることその6) 

■録音ができる

13.jpg

DJミックスを録音できるだけでなく、LINEやMIC入力に対しても内蔵メモリやSDカードへの録音が可能。

(できることその7) 

■オートDJモードが搭載

14.jpg

これはPDJならではのユニークな機能でしょう。

曲の雰囲気をにあわせて選曲し、DJプレイしてくれます。

(できることその8) 

■外部入力搭載

15.jpg

LINE/MIC入力された音声はデッキにアサインすることができ、スクラッチやエフェクトをかけたり、録音することができます。

これだけでも十分多すぎるほどたくさんの機能が搭載されていますが、今回3つの新機能が追加されました!

(新機能その1) 

■ハイレゾプレーヤー機能

18.jpg

最大96kHz, 24bit のWAV 形式を2曲同時に再生ができます。

19.jpg

このモードの時はテンポを変えたり、スクラッチやエフェクトをかけたりなどDJプレイは出来ませんが、

クロスフェーダーで曲を切り替えたり、ミックスすることはできます。

(新機能その2) 

■バイナルモード

大きなターンテーブルでスクラッチプレイをしたいというユーザーのリクエストを取り入れました。

左上のレコードのアイコンをクリックすると画面が大きく変わります。

20.jpg

従来のデッキよりスクラッチがやりやすくなってますね。

21.jpg

(新機能その3) 

■ギターインターフェイス搭載

22.jpg

サンプラーモードにギターが追加されました!これはすごい!!

しかもフレットを押さえて演奏できるモード他に、コードを選んで演奏できるコードセレクトモード、弾きたい曲のコード進行を保存しておき簡単に演奏できるソングブックモードまでもが搭載されてます。

23.jpg

24.jpg

ここまでくるとポータブルDJプレイヤーという枠では収まりきれないような……すごいですね〜(^_^)

25.jpg

こんなパフォーマンスも出来ます!