かんたん操作で音声演出を楽しめるインターネットの生放送用のオーディオインターフェイスが登場!

みなさんこんにちはデジタル担当青木です!

トークや歌、ダンスなどのパフォーマンスからゲーム実況など、様々なジャンルの人が色々なコンテンツを配信しています。動画サイトなどで、生配信などを見て自分もやってみたいけど、映像はカメラで撮るのはなんとなくわかるとして、マイクとかパソコンにどうやってつなぐの?トークしながらBGMはどうやって流せばいいの?とか、何だか色々難しそうで、なかなかはじめられないという方もいらっしゃると思います。

TASCAMからかんたん操作で音声演出を楽しめるインターネットの生放送用のオーディオインターフェイスが登場します!

■MiNiSTUDIO CREATOR US-42
160511_1.jpg

これまでも、インターネット配信に最適なループバック機能を搭載したオーディオインターフェイス色々ありましたが
MiNiSTUDIO CREATOR US-42は、さらに他のオーディオインターフェイスにはない、インターネット生放送向けならではの便利な機能が搭載されています。

■押すだけで効果音を再生できる3つのPONキー
160511_1.jpg
いわゆるポン出し機能です。パソコンの専用ソフトウェア上にドラッグアンドドロップすることでお好みの音声ファイルをPONキーにアサインできます。
PONキーを押せば、アサインされている効果音などの音声を再生することが出来ます。WAV/MP3形式のファイルをアサイン可能です。
160511_2.jpg
効果音の他にも、DAWソフトなどで、あらかじめオリジナルのジングル等を作成してアサインして再生すれば、より本格的な演出になります。
※iOSデバイスとの接続時は、PONキーが使用できませんのでご注意ください。

■簡単操作で声に変化を加えるボイスエフェクト、リバーブを搭載
160511_6.jpg
160511_5.jpg
本体にボイスエフェクトを内蔵していますのでEFFECTキーをONにするだけでマイクの音声に変化を加えることが出来ます。ボイスエフェクトの種類は全部で5種類、専用ソフトウェア上で切り替えが可能です。
160511_3.jpg
またツマミひとつでかかり具合が調整できるリバーブも搭載。こちらも専用ソフトウェア上でリバーブの種類を切り替えが可能です。
160511_4.jpg
例えば、番組やコーナーのタイトルコールなどの演出に最適ですね。他にもアイデア次第で色々な演出が出来そうです。

■BGM再生に最適なループバック機能とAUX入力端子
ループバック機能が常時ONになっているので、特別な設定をすることなく、iTunesやWindows Media Player等の音楽再生ソフトウェアから再生することができます。また、AUX入力端子も装備しているので、携帯用音楽プレーヤー等の再生機器を接続することが可能です。
160511_7.jpg


■ヘッドセットマイク、4極イヤホンマイクにも対応

マイク/ライン入力を2系統装備。マイクとギターで弾き語りや、マイク2本で2人でトークなども可能です。また、フロントパネルには3.5mm(1/8″)ミニジャックのマイク入力を装備。
先端が3.5mmのミニジャックになっているパソコン用のヘッドセットマイクや、スマートホン用の4極イヤホンマイクの接続にも対応しています。

160511_8.jpg


■スイッチを切り替えるだけで音楽制作用のCREATORモードに!

こちらのスイッチをCREATORモードに切り替えることで、ループバック機能がOFFになり通常の制作向けのオーディオインターフェイスとして使用できます。
160511_9.jpg


もっとシンプルに、インターネットの生放送だけを楽しみたいという方にはこちら!


■MiNiSTUDIO PERSONAL US-32
160511_9.jpg

制作向けのCREATORモードへの切り替えがなく、インターネット生放送に最適なBROADCASTモードのみとなります。外部のスピーカーなどへ出力するオーディオ出力がないという割り切った仕様です。
インターネット生放送向けなので、ヘッドホンの出力だけあれば問題ないといえば問題ないのですが(
マイク/ライン入力は1系統になりますが、その代わり、本体に無指向性マイクを内蔵。PONキーなどを押した時の操作音は拾ってしまいますが、2人以上でワイワイトークする場合などに便利です。

エフェクターやポン出し用にサンプラーなどの機材を持っていなくても手軽に音声演出ができるのもうれしいです。
入出力も分かりやすくなっていて、操作子も限定されていて、セッティングや操作が非常に簡単そうなので、インターネットで生配信とかやってみたいけど、音声の入出力とかが難しそうと思っていた方にも、安心してお使いいただけると思います!

どちらのモデルも6月上旬頃発売予定 →8月上旬に発売延期となりました。
只今、ご予約受付中です!