プレイヤーの演奏表現を新たな次元にYAMAHA MONTAGEシリーズ!

みなさんこんにちはデジタル担当青木です。

各方面で話題騒然のシンセサイザーYAMAHA MONTAGE
160501_1.jpg

AWM2音源とFM-X音源のハイブリット音源や、タッチディスプレイをはじめ多彩な機能を搭載していますが
最も印象的なのが、本体のほぼ中央で鈍い光を放つ、存在感抜群の『Super Knob』ではないでしょうか。
160501_1.jpg
この『Super Knob』複数のパラメーターを一度にコントロールすることができるノブで、シンプルな操作でダイナミックな音変化を表現できます。
montage_futur_4.jpg
言葉にしてしまうととてもシンプルなのですが、実はこのノブがものすごく画期的なのです!

今まで、例えばMOTIFシリーズのパフォーマンスモードでは、レイヤーされた音色を足したり引いたりする時は、本体左側のフェーダーで行うのですが、片手で演奏しながら、もう片方の手で4つのフェーダーを操作しなくてはなりませんでした。
160501_2.jpg

普段は何とかなりそうですが、例えばこれをライブ中に演奏する曲ごとに、いくつも音色を切り替えてとなると、どれがどうだったか覚えていないといけないので、なかなか演奏に集中できません。(^^;

MONTAGEならこのような操作を『Super Knob』一つで出来ます!
あの曲のあの音色の時、ああやってこうやってと覚えておかなくても、あらかじめ設定しておけば『Super Knob』をクルっと回せば、演奏の途中で、音色をフェードイン、フェードアウトさせたり、左に振り切った状態から少しずつ右に回していくにつれて、エフェクトがかかっていったり、カットオフやレゾナンスも1つのノブ変化させることが可能なので、シンプルな操作で、今までにない滑らかでダイナミックな音の変化を表現することが出来ます。

でも演奏中、両手がふさがっている時はコントロールできないのでは
という方もご安心ください。
エクスプレッションペダルを接続してアサインさせれば、両手がふさがった状態でもペダルでSuper Knobのコントロールが可能です。

これら機能を上手く使えば、ダンスミュージックやクラブ系トラックの制作やライブパフォーマンスなどで、簡単な操作で今までにないダイナミックな表現が実現可能になります!
次回はそのあたりに、少し触れてみたいと思います。

■YAMAHA MONTAGEラインナップ

MONTAGE6(61鍵モデル) ¥320,000(税別)
160501_1.jpg

MONTAGE7(76鍵モデル) ¥350,000(税別)
160501_1.jpg

MONTAGE8(88鍵モデル) ¥390,000(税別)
160501_1.jpg

今まで経験したことのない、まさにプレイヤーの演奏表現を新たな次元に導いてくれる色々な可能性を秘めたシンセサイザーだと思います。