<渋谷だより その21>春からスタート!iOSで始めるDJ!(後編)

POWER DJ’s渋谷店の飯田です♪

前回はiOS用DJアプリを使ったDJミックスということで、iOSとスプリットケーブルやインターフェイスを組み合わせたスタイルを紹介してきました^^今回はその続きで、iOSとDJコントローラーを使った、より本格的に近い感覚でDJを楽しめる方法をご紹介いたします^^

前回記事はコチラ→春からスタート!iOSで始めるDJ!(前編)

4.DJコントローラーを使用する

iOSのタッチパネルだけではちょっとDJをしている感じが出なくて物足りない・・・。ジョグをこすってスクラッチしたい!ツマミをひねってエフェクトをかけたい!そんな時こそDJコントローラーの出番です!!
今回紹介するコントローラーはすべてオーディオインターフェイスが内蔵されていて、直接スピーカー、ヘッドフォンを繋げられます♪

なおかつ、PC用コントローラーとしても使えるのでこれからDJを始める方にも、持ち歩き用に一台お探しの方にもオススメのスタイルとなっております^^

手軽さ ★★☆
コスト ★★☆
操作性 ★★★
音質  ★★★

◎直感的な操作が可能!機材によってはiOSを充電しながら使えるのでバッテリー残量を気にせず長時間使えます!PCでも使えるコントローラーがほとんどなので、環境とスペースに合わせてPCかiOSかスタイルを選べるのも大きいメリットです^^

△他の方法に比べるとコストはやや高めではあり、コントローラー分のスペースは確保する必要があります。

今回紹介するコントローラーの対応アプリはdjay2もしくはTRAKTOR DJとなります。
*お使いのiOSがLightningと30pinどちらの端子か確認するのをお忘れなく!

<djay 2対応コントローラー>

Pioneer DJ DDJ-WeGO3
blog-1.jpg

DDJ-WeGO3-K
DDJ-WeGO3-W
DDJ-WeGO3-R
ミックスに必要な機能がシンプルにまとまっているので初めての方にもわかりやすく、PCのソフトにも多数対応しているので、とても汎用性の高いコントローラーとなっています^^3色展開なのでお好みのカラーをお選びいただけます♪

reloop MIXTOUR
blog-2.jpg
お手軽ミックスに最適なコントローラーがreloopから登場!人気急上昇中の一品です!1台でミキシングだけでなく再生やCUEまでほとんどの操作がコントロール出来るのでかなり便利です^^軽くて小さいので持ち運びもらくらく♪接続しながら充電も出来るので、電池残量を気にする必要もありません!

<TRAKTOR DJ対応コントローラー>

TRAKTOR DJ対応コントローラーはNative Instrumentsから出ている下記の3機種!ミキサー部分だけ取り出したTRAKTOR KONTROL Z1、PC用「TRAKTOR PRO2」でも定番のコントローラー、TRAKTOR KONTROL S2 / S4です!

blog-3.jpg

TRAKTOR KONTROL Z1
少しでも省スペースで使いたい方はZ1がおすすめ!普段使いのバッグにも入るようなコンパクトさで、ブース内での置き場にも困ることはほとんどないでしょう^^ Z1を取り入れるだけでミックスのしやすさが断然変わってきます!

TRAKTOR KONTROL S2 MK2
S2はスタンダードなコントローラーの形をしていて、必要な機能が一通り搭載されているのでiOS用コントローラーとしては個人的に一番おすすめです!TRAKTOR DJのアプリは最大2チャンネルの操作が可能ですので、過不足無くコントロールできます^^

TRAKTOR KONTROL S4 MK2
S4はPCで使う場合には4chの操作ができ、S2よりもコントロールしやすいので、「PCをベースとして使うけど、たまにはiOSでも使いたい!」という方にはS4の導入をおすすめします♪

S2,S4にはPC用ソフトウェア「TRAKTOR PRO2」も付属しています!まずはiOSで試してみて、後々PCにも発展させていくということが可能なのです!

前後編にわたってiOSでのDJを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか??

アプリは遊び感覚というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、アプリ自体も周辺機器もどんどん進化を遂げ、PCソフトに負けないような機能を持ち始めているので、今後の発展からも目が離せません(°°;)

これまで興味はあるけどなかなかDJを始められなかったという方も、快適に簡易的に持ち運べるDJセットをお探しの方も、iOSアプリでのDJ、ぜひお試し下さい^^