プラグインエフェクトを無意識に並べていませんか?

みなさんこんにちはデジタル担当:青木です。

DAWソフトで曲作りを始めたばかりの方で、プラグインのエフェクターをかけて、音作りをする作業で、結構煮詰る方が多いと思います。

例えば、制作を進めていく過程で、一つのチャンネルに複数のプラグインのエフェクターを掛けると思います。

↓こちらはSteinberg CUBASEの画面
151219_1.jpg

↓こちらはableton Live 9 の画面
151219_2.jpg

↓こちらはTASCAM Professional Software (Cakewalk)SONARの画面
151219_3.jpg

特に意識しなければ、エフェクトを選択した順番に並んでいると思います。
なんとなく操作してみるとこの順番が変わることも分かります。

ギターを弾かれる方は、コンパクトエフェクターなどで馴染みがあるのでピンと来る思いますが、今までエフェクターに馴染みのない方は、初めのうちは気づかないかもしれません。実は私もDAWソフトで制作始めたばかりの頃は、対して意識していませんでした。

実はこの並びの順でエフェクトがかかっていて、この順番がとても重要なのです。

例えば、先程のCUBASEの画面
151219_1.jpg
この場合だと
EQ→コンプ→ピッチコレクト→コーラス→ディストーションの流れで
上から下に順番にエフェクトがかかっています。(Mix Consoleの画面だとより音の流れが分かりやすいかもしれません。)

ここで、EQとコンプを入れ替えるとコンプの後にEQが掛かるという流れになります。
エフェクトをかける音の素材や、曲全体の雰囲気などによってもこの順番は変わってきますので、答えはないのですが

但し、なんとなく、思いつきでエフェクトを掛けて行くと、例えば、せっかく前にでていた音が、最後に空間系のエフェクターをかけた事で、全体的にぼやけた印象になったり、後ろに下がってしまったりということがあります。
そんな時は、別のプラグインを立ち上げる前に、色々順番を変えてみると、思っていた音になることもあります。

何をどう使えば良いか分からないという方には、焦らずに色々試してみるといろいろな発見があって、面白いと思います。
同時にDAW関連の教則本を色々読んでみると、色々テクニックがのっているのでオススメです!!
151219_4.jpg