えっ!まさかDENONからSerato DJ専用インターフェイスが!DENON DJ DS-1をチェック!

今年のNAMM SHOWで発表され、大変話題となった

Serato DJ専用オーディオインターフェイスDENON DS-1がこちらです!!

1.jpg

サンプルが日本に届いたとの事でinMusic Japnの重森さんに持ってきてもらいました!!

22.jpg
髪型変わりました?

今までSeratoといえばRANE SLシリーズだったんですが、
付属するDJソフトがScratch LiveからSearto DJに移行し、対応ハードウエアもPioneer DJM-900 SRTや、DVS拡張キットクラブキットを購入することでSerato DVSが使用できるようになるDJミキサーやコントローラーが増えてきました。

その中でもSerato専用オーディオインターフェイス = RANEというのが今までの定説であったのですが、

このDENON DJ DS-1はそれを覆す製品として、今、デジタルDJシーンの中で注目されているというわけです。

付属内容はRCAケーブル、USBケーブル、コントロールレコード/CD、そしてDS-1本体

Serato DJはメーカーサイトからダウンロードします。

基本的な内容はRANE SLシリーズと変わりませんね。

2.jpg

付属するコントロールレコードはZ-TripがリミックスしたBob Marleyの曲が片面に収録されている
Bob Marley Punky Reggae Partyなんですね。これは意外でした(^^)

そして何よりもビックリしたのはDS-1本体の小ささ!

これにはスタッフ鈴木君も伊邊君も興味津々でした(^^)

3.jpg

製品スペックである4IN4OUTというシンプルさはRANE SL2と同等。

4.jpg

RANE SL2と同じくターンテーブルまたはCDのどちらを使用するかを選択するスイッチもついています。

5.jpg

DS-1、とても小さいです。iPhone 6と並べてみました。

6.jpg

iPhone 6を重ねるとこんな感じです。

7.jpg

横幅はiPhoneよりも短いですが縦幅がその分長いので、面積で考えたらほぼ同じぐらいだと思います。

重森さんに伺ったところDS-1発売時期、価格はまだ未定とのことです。

22.jpg

いくらぐらいになるのでしょうね?

もしRANE SLシリーズよりもリーズナブルな価格帯であるのなら、デジタルDJの流れが大きく変わるような予感がします!

こちら詳しいことがわかりましたらBlogやTwitterなどでご連絡いたします!


【明日のBlogの予告】

Numark MIXTRACK PRO3を触ってみました!


8.jpg


ではまた明日~!!(^ー^)ノ