重ね録りしたフレーズをあっという間にAbleton Liveファイルへ変換!KORG kaossilator 2S発売中!

手のひらサイズのシンセサイザーことKaossilatorの新シリーズ

KORG kaossilator 2Sがついに発売されました!

先日のBlogでもご紹介しましたが、ループレコーダーが2基搭載していたkaossilator 2に比べ、

今回発売されたKORG kaossilator 2Sループレコーダーが1基となりましたが、

その代わりに

重ね録りしたトラックを別々にWAVデータとしてmicroSDカード内に保存されるようになりました。

25.jpg

▲同じボディをしていますが、実は録音面でまったく異なる機能を搭載しているkaossilator 2kaossilator 2Sというわけなんです。

さらにkaossilator 2Sには重ね録りされたフレーズはmicroSDカード内に別々のデーターとして保存されているわけなので、

アンドゥ/リドゥ機能が搭載されています!!

つまり重ね録りを失敗しても何回もやり直しができるってことです!!

ただしアンドゥ/リドゥ機能を使用する際は一度再生を止める必要があるので、リアルタイムパフォーマンスで音を止められない場合は使えませんので、楽曲製作のアイディア出しなどで活用する時に便利な機能ですね。


アンドゥ/リドゥ
は、newと書かれたボタンで行います。

5.jpg

——————————————————–
※ちなみにこのnewボタンはKAOSSILATOR 2のdel(消去)ボタンの役割もします。

録音再生中にRECボタンを押しながらnewボタンを押すと押しているところだけ音を消すことができます。
——————————————————–

話を戻しまして。。

フレーズを録音して失敗し、失敗する前の状態に戻す場合、一度止めて、newボタンをします。

すると、画面にUNDO、NEW、REDOが現れまして、この操作をバリュースライダーで行います。

バリュースライダーの左側をタップすればUNDO
真ん中のNEWを押すと今までのフレーズはmicroSDカードの中に保存され、新しく空の状態になります。

6.jpg

UNDOを押すと、実行していいか聞いてくるのでYESを押します。

7.jpg

処理が始まります。。。

8.jpg

はい、UNDOが完了し、一つ前の状態に戻りました。何回もオーバーダビングしているのであればさらに前の状態にさかのぼることができます。その場合、今ご紹介した作業を繰り返します。

9.jpg

このように曲のラフスケッチをkaossilator 2Sを使って納得いくまで仕上げることができるわけですね。



そして!

今回のkaossilator 2Sの最大の特徴は、

AbletonLiveのファイルに書き出しができる

ということでしょう。

これによりKAOSSILATOR 2Sで重ね録りしたフレーズをコンピューターへ移して、本格的な楽曲に仕上げるということが可能になります!

26.jpg

それではAbleton Liveのファイルへ書き出す方法をご紹介しましょう!

ファンクションページの11ページ目、「ファイナライズ」を開きます。

ファンクションページの進め方はfncボタンをページ分押すことで任意のページへアクセスできます。

10.jpg

sndボタンを押しながらfncボタンを押すとページを逆順に進めることができます。

11.jpg

書き出しは素材ファイルのみ(MATERIAL)、2ミックスファイルのみ(2MIX)、素材と2ミックスの両方(BOTH)、Ableton形式(ABLETON)と選べますが、デフォルトではAbletonが選ばれていますので、そのままSELECTを押していただければ大丈夫です。

12.jpg


実行するならYESをタップ!

13.jpg

処理が始まります。

14.jpg

ファイナライズ完了!

15.jpg

それでは、microSDを取り出し、パソコンへ移してみましょう。

この際カードリーダーが必要になりますので、無い場合はご用意お願いしますm(_ _)m

データを見ててみると、重ね録りしたループごとにフォルダができています。

NEWボタンを押して5回ループを作ったので5つのフォルダーができていますね。

1.jpg

一番最後に作ったループをAbleton Liveファイル形式で書き出したので、L005というフォルダの中を見てみましょう!

FINALIZEというフォルダがありました。中を見てみます。

2.jpg

LIVEというフォルダがありました!

3.jpg

さらに中を見てみると。。。。

あ、ありました!!これがAbleton Liveのプロジェクトファイルが入ったフォルダです!!

このフォルダ内にあるLoop_005.alsというファイルをクリックすると…

ちゃんとAbleton Liveのセッションビューにクリップとして取り込まれておりました!!


これ、すごく便利ですね~!!!

あ、これはKORG KAOSSILATOR 2SにmicroSDカードを挿入した状態でないと機能しませんのでご注意を!

17.jpg

microSDカードがないとせっかくの機能が活きてきませんので、当店では台数限定にてサービスでお付けしております~!

16.jpg

そして、KAOSSILATOR 2SにはAbleton Live 9 Lite付属(ライセンス・カード同梱)なので、これだけでも楽曲製作ができてしまうのも驚きです!!

また、これから本格的にAbleton Liveで音楽制作をしようという方は、Live 9通常版を初めから使うというのも一つの手です。

そんな時はこちらのセットがオススメ!
Ableton Live 9 Liteユーザーのみがお求めいただけるアップグレード版と組み合わせてみました!!

KORG kaossilator 2S + Ableton Live 9 Standard SET

KORG kaossilator 2S + Ableton Live 9 Suite SET

Ableton Live 9 StandardとAbleton Live 9 Suiteの違いは、含まれるインストゥルメントの数が違うだけで機能や操作は同じです。

いろんな音源が初めから揃っている方がよいのであればAbleton Live 9 Suite、他のメーカーのプラグインを使いたいという方はAbleton Live 9 Standardでよいでしょう!

また、すでに発売中の手のひらサイズのエフェクターKORG mini kaoss pad 2Sと組み合わせたセットもご用意しております!

こちらは製作向きというよりは、即興ライブパフォーマンス向きです!!

KORG kaossilator 2S + mini kaoss pad 2S Performance SET

こちらの動画で七尾旅人さんと、やけのはらさんが使っているのは旧バージョンですが2Sシリーズでも同じように楽しめます(^^)